りらりの展示室

アクセスカウンタ

zoom RSS 【画家】ジョヴァンニ・ベェッリーニ :ヴェネツィア派の確立者

<<   作成日時 : 2007/09/04 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ジョヴァンニ・ベッリーニ
( Giovanni Bellini )

1430年頃−1516年


分類:初期ルネサンス
    ヴェネツィア派





<<双樹の聖母>> 1486年
板・油彩 74×58cm
アカデミア美術館、ヴェネツィア
画像

厳密なデッサンによる理想的な「線」を重視するフィレンツェ派に対して、豊かな「色彩」を重んじるヴェネツィア派。

 このヴェネツィア派の基礎はヤコポ・ベッリーニによって築かれ、彼の息子(とはいえ、正妻の子ではないが)のジョヴァンニによって確立された。

  ジョヴァンニ・ベッリーニは、画家のジェンティーレ・ベッリーニ(1429ごろ〜1507)と異母兄弟(こちらは正妻の子)の関係にあり、パドヴァ派最大の画家、アンドレア・マンテーニャとは、義理の兄の関係に当たる。



            <<聖会話>>    1490頃
          油彩・板 58 x 107 cm アカデミア美術館、ヴェネツィア
画像



 父のもとで兄と共に修行し、1460年、父と兄との共作で、ジャンティーレの初仕事であるパドヴァのイル・サント・ガッタメーラ礼拝堂の祭壇画を手がけた(消失)。

画像

<<ピエタ>>1460年頃

86×107cm テンペラ・板 ブレラ絵画館、ミラノ

  この作品には、マンテーニャ以外に
 ピエロ・デッラ・フランチェスカや、
 ドナテッロの線や構図上の表現と、ヴェッ
 リーニの感情表現がみられる。




 初期の作品は、父よりも義理の兄であったマンテーニャの硬質な画風を示すが、80年代ごろから、(卵黄をつかって顔料を溶かして描く)テンペラ画の技法から、(微妙で鮮やかな色彩表現や柔軟な表現が可能な)油彩画を取り入れ、その画風は、マンテーニャの影響から抜け出した柔らかな詩情豊かな作品となる。


 ヴェネツィア派第二派(そして、ヴェネツィア派最盛期の画家)のティツィアーノ、ジョルジョーネといった弟子を生み出し、1516年、11月29日、美術史家ヴァザーリによれば、90歳で死去した。



 【関連記事】

アンドレア・マンテーニャ
http://rirari-exhibition.at.webry.info/200708/article_44.html



 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【画家】ジョヴァンニ・ベェッリーニ :ヴェネツィア派の確立者 りらりの展示室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる